実はとっても危険な口紅の成分

女性をより魅力的に魅せてくれる口紅ですが、
塗ると決まって荒れるという人も多いのではないでしょうか。

 

肌とは違い角質層がとっても薄いため、
口紅の有害成分が容易にけい皮吸収されう心配があるんですよ。

 

さらに、唾液や食べかすなど菌が繁殖しやすい場所に使うため、
劣化しないよう防腐剤なども多量に使われています。

 

口紅の発色の良さはタール系色素と言う合成着色料が使用されているのですが、
これは発がん性や、皮膚障害、黒いシミなどの黒皮症、アレルギーを起こすことがあります。

 

唇を舐めるだけでなく、食事をするだけで落ちやすいということは、
食べているのと同じことですよね。

 

また、落ちにくい口紅というのも、それだけ唇に密着しているのですから、
危険性も高くなります。

 

そして防腐剤として多くに配合されているパラベンは、強力な殺菌や、近年
乳がんの発症率が高くなると指摘されているほどです。

 

パラベンフリーの商品を選んでも、別の防腐剤が使われていることが多く、
絶対に安全ということでもないのが現状。

 

オシャレと安全は必ずしも一致しないので、
メイクをするならどんなリスクがあるのか知ることも大切です。