フェイスパックの効果的な使い方

お風呂上りの火照った肌に、シートパックのヒンヤリした気持ち良さは格別ですよね。

 

疲れたお肌に潤いと栄養を与えてから寝ると、翌朝はぷるぷるになるほど
元気な肌に病みつきになりますが、ただ張っているだけではもったいない!

 

より効果的になる方法が簡単にできるので、ぜひ取り入れてみてください。

 

まず、時間があるなら朝晩2回パックしたほうがよりスキンケア効果が高まります

 

寝ている間に肌が修復されるので、その前にしっかり保湿ケアすることが大事ですが、
日中のメイク崩れなどがあるなら朝にもしっかりとチャージが必要。

 

パックならば密着力が高く、忙しくても3分くらいは張り付けたまま、
着替えをしたりヘアスタイルを整えるくらいは可能ですよね。

 

また、朝に使う場合は化粧水後にパックすると潤いをギュッと閉じ込めて浸透力も高まりますよ。

 

寝不足でお肌ガサガサな最悪な状態の時には、保湿クリームなどを塗った上からフェイスパックをしてみてください。

 

パックがフタとなって美容成分を逃さず浸透していきます。

 

特に目元や口元など乾燥の強い部分は、こってりしたアイクリームがおススメで、
蒸しタオルをするとスチーム効果でより高い保湿も得られますよ。